会社/店舗スタッフが継続できる

コンテンツつくりをサポート

マルチメディアの DIY化へ

今を、越えていこう!

ホームページ制作と写真・動画撮影を

ベースコンテンツからDIYで

生まれかわる
楽しさへ
ご一緒にブランドつくり!

2018年はWebサイト、映像制作に加えビジネス漫画。

2019年はお客様を引きつけるメール自動化システム、ステップメールを構築しました。

お客様のWebサイト制作のスタイルは3種類あります。

(1)Webサイト、ブログ、SNS全てを社外に一任

(2)お客様はブログ,SNS、全体のメンテナンスは社外

(3)基本お客様が制作・管理(不得意分野だけ社外)

若いオーナーや経営者は(3)に移行しています。

外部委託したホームページからブログ・SNSを発展させ、ホームページの管理までできるようになるのが、新しい商店やサービスの宣伝方法になりつつあります。

私たちはご要望が多い、コンテンツつくりのコツをお伝えします。映像のプロになる必要はありませんが、今はインスタグラムなど映像系で十分使えるようになる自動編集アプリもあります。

今のスマホの性能は10年前のデジカメ、パソコンのスペックを大きく上回ります。写真撮影・編集、そして動画撮影・編集、ビジネスメールまでスマホできます。

役立つのアプリの習得は効率化に最適であり、実践で役立つWeb教育も開始しています。既存のサービスも、お客様とつながる接点であり継続いたします。映像制作パートナーと連携してサポートしてますので、今後ともよろしくお願いします。

​HomePage コミットメント

 Wixテンプレート制作

ご期待以上でなければ何度も再制作

ホームページ制作時

360度パノラマ無料撮影(VR対応)

テンプレートでデザイン

​A4カラー、片面500部印刷2,000円〜

​Topix
​Selected Pages  セールスサポート
カメラマン&デザイナー

写真編集だからヒーロー係数アップ

​Web制作はモバイルファースト

​印刷専門業者へ発注

チラシ、ポスター印刷が多い場合

印刷業者への直接依頼もサポート

​Google マイビジネス登録

無料Googleマイビジネス

誰でも2週間で登録できます

​SNS写真・記事へ流用

SNS設定をサポート

インスタグラムへ写真登録もどうぞ

来店前に店内紹介

店舗内360°パノラマ​映像

HP制作で1ポイント無料撮影

販促業者と連携

JR駅貼りポスター:1週間2300円〜

チラシ配布:3円/枚〜 町内単位

よくある質問

Web制作会社へ写真を依頼する場合と、同じように見えるですが、違いは何ですか?


Web制作会社でカメラマンまで在籍する会社と当社とはぼぼ同じです。 しかし、わたしたちはカメラマンも含めてチームで制作することで、メリットを出しています。 Webへ掲載する写真には3つの撮影と利用方法があります。 ・セルフ撮影 ・カメラマン撮影 ・フォトストック利用 少し視点を変えますと、 ものごとを成功に導くには、3つの目が必要だと言われています。 それは、写真でも同様で次のようにつながります。 鳥の目:俯瞰した写真(自分で沢山撮る、ドローン撮影) 虫の目:フォーカスを絞った写真(トップページのヒーロー写真) 魚の目:潮の流れ、時代の流れに合った写真(ブログ記事に活用) これに強引ですが当てまめると、 鳥の目:セルフ撮影、カメラマン撮影 虫の目:カメラマン撮影、フォトストック利用 魚の目:セルフ撮影、カメラマン撮影・フォトストック利用 つまり、どれか一つにこだわらず、写真の3つを組み合わせてコンテンツ作りをするのがよいと考えています。 そしてコーディネーターが様々な写真を分けるのではなく、 同じWebサイト内の中に世界観を持たせて配置します。 比較的簡単なのは色調整です。 元写真からこの世界観に合わせて写真編集ソフトで明度、彩度を調整します。 これができるのが当社です。 Photoページをご覧ください。




Web制作の価格はどのように決まりますか?


Web制作の原価はほとんど人件費です。これは社内と社外制作に分けます。 写真はWeb制作メンバーが撮影することもよくあるのですが、効率的な仕事のためにカメラマンやフォトストックを使うことも常識です。特にトップページに印象的なアピールに使えるのがハイレベルのカメラマンの活用です。 これらをトータルして制作原価が決められます。 Web制作費:企画、デザイン、ECサイトでのプログラム 写真撮影費:カメラマンによる撮影 ここで写真の使い方は画像編集も含ませると世界感を統一しやすいのですが、Web制作会社によって、それぞれ独自のノウハウがあります。通常はベストの写真をベタで貼り付けます。 わたしたちは内部でWeb制作と写真撮影・編集を合わせて行うことで、世界観つくりや、最終のデザイン調整など様々なメリットがあると考えています。 オーナー写真はスタジオ撮影を推奨しています。トップレベルの芸能人が使うハウススタジオを使うこともできます。 ※Web中心ではなく、サーバー会社はWeb制作費をゼロ円として、月額のサーバー維持費で収益を取る会社もあります。他に数万円の格安としている会社は仲介にクレジット会社を入れて、月額で回収しているところもあります。携帯ビジネスと同様、3年から5年の拘束期間があります。




制作価格が大きく異なるのですが、安い会社と高い会社の違いは何ですか?


まず、Web制作費の、ほとんどは人件費ですね。 安い会社は個人でWeb制作を始めて経験が少ないデザイナーが担当したりすることもあります。。チームで制作して時間のかかる箇所はアルバイトの活用も多いものです。 高い会社はプログラミングなどを含めたECサイトなども含めて制作する会社で、制作ノウハウも沢山持っています。 大雑把では、何時間でWebサイトを作ることができかという点で見積ります。 費用感で見積り価格が30万円でしたら 営業費と管理費を10万円除くと、デザイン原価は20万円。 優秀な時給2,500円のデザイナーが担当すると、80時間、10日間、2週間で完成です。 これが費用ですが、販売につながるサイトを制作するには次の点が重要だと考えます。 ・企画提案力(営業担当者) ・デザイナーの実力・経験 ・開発ツールの効率性 ・保守、メンテナンス、成長性 この中で、ここ数年の開発ツールはWordPressが主流でした。 早く軽い動き自由にできるデザイン性。スマホや豊富な無料開発ツールなどでこれ以外は業務用は考えられなかったのです。ブログは個人でも用意に拡張でます。 しかし、Webサイトをクラウド上で作るという流れが出てきて、大きな新しい流れができました。これが当社が使うWixです。数年前までレスポンスが遅く個人用でしたが、ここ数年、驚異的な技術進歩。スマホ対応も完璧となり今では世界中で使われています。WordPressでのスマホ対応は、別のデザイン画面を制作するため費用がかかっていましたが、Wixは自動処理でできてしまいます。制作はワープロのような操作性で、5万円で制作するサービスを開始することができました。デザインのみの時間はわずか2日です。 比較的安い会社はストックを沢山持って、コピーして使い回しをします。 つまり、どれを選ぶか、お客様の意向を上手く引き出すかという点で営業マンが窓口として最後まで面倒をみることが多いものです。




コミットメントとは何ですか?


Web制作、コンテンツ制作について 「ご期待以上に満足いただきます」というお約束を提言します。 初めて依頼する方にとってデザイン制作は不安です。 大手制作会社は信頼できますが、メーカー間の取引きが多く制作価格が100万円単位となっています。 発注後の品質はホームページ制作会社任せというのも心配です。 ラフのレベルでは判断が付きづらく、スペック上は満足してもで納品してから営業担当にクレームしても何かと理由を上げられて追加料金ということもあります。 特に制作費支払い後は、制作会社の売上が確定しているのでスムーズに行きません。 そこで、ブランド力がない当社は、制作後の一ヶ月間にご連絡頂くことを前提に デザインや写真の内容で、気になる箇所がありましたら、理由を提示いただき無償で対応します。これは当該案件について気になる箇所をご満足頂けるまで対応します。 今まで当社にいただいた例と改善例 ・スマホでのアクセススピードが遅い   該当ページのモジュールと写真を別ページに分散を軽くしました ・スマホデザインで文字が小さく見辛い   レイアウトをスマホ対応として、文字を調整しました ・写真の人物像が小さい   顔を目立つようにトリミングしてサイズを変えました 実際に運用してから出ないと気付かない点も多く、 お気軽にご連絡をいただけるように確認をさせて頂いています。





eBook​制作

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

Born Again :BA合同会社

東京都 新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル5階

相模原市緑区デザインセンター 

Email:ba>>wixpack.com

>>は@に変えてお送りください

​※電話番号はご質問、及びお見積時にご連絡します。