検索上位へはSNSで情報提供

ホームページを制作後は、新しいスタートです。

Google検索からホームページが表示されるのを期待されると思いますが、それにはページを育てなければなりません。

その方法はSNSが記事の追加し易く、ホームページ内のブログ制作も効果的です。もちろんfacebookやTwitterなども使い易いものです。

ホームページの「​Person in charge:担当者」になるか、誰かに依頼ください。重要なお仕事です。

専門分野の記事を自分で制作。サイトを育てましょう

検索キーワードの設定

■検索キーワード仮設定

サービスや商品から仮キーワードを数点選定します。

■キーワドチェック、Googleアドワーズ

アドワーズはGoogle上での有料広告で宣伝する世界No1ツールです。

ただし、様々なオプションが無料であり、キーワードのランキング評価を出すことは無料です。

例えば、検索されたキーワードの世界中の回数が登録されています。そこで、検索されたいホームページ用のキーワードの位置付けを探ります。病気の人は「風邪薬」と検索しますね。それだけだと大手サイトが圧倒的に有利なため、連結キーワードも探ります。「風邪 相模原市」「風邪 熱冷まし」など組み合わせると、ヒット数は少ないですが、上位に食い込むことができます。

アドワーズ内の「キーワードプランナー」からキーワードの価値を判断した上で狙いのキーワードを定める訳です。つまり一ヶ月内に日本中から何回検索があったかという数字から、キーワードを見つけていきます。

​※操作方法はネットで検索してください。

■テスト記事作成

キーワードをちらばめてテスト記事を作成します。違和感がなければ、このキーワードで本番に進みます。

■動画と写真コンテンツ準備

文章だけですと寂しいですね。

写真や動画を準備します。これは無料サイトからのストックと、ご自分での撮影です。

 

完成度の高い写真があれば、分割したり、文字を追加して何回も使い回すことができます。

記事と照らし合せてコンテンツ用ストックを保ちつづけます。

目標管理と「続ける」こと

Googleは常に最適な検索方法を模索しています。2015年から大きく変わったのが、記事の内容重視です。

それ以前はリンクや、広告の力が強かったのですが、今後は記事の重要性にさらにシフトしていきます。

次の点を意識してください。

■「キーワード」に基づいたページ。

■一定量の「ボリューム」がある。

■新しい「記事が追加」され続けている。

検索する立場になって、

専門的なキーワードを入れると何ページかに出てきます。

それを一ページ目に持ち上げるためには、続けて記事を制作しなければなりません。

 

そのため、意識付けとして「担当者」になって一定時間をSNS、ブログ制作に時間をかけてください。

どうしても時間がかけられない場合にはフリーのライターさんも沢山おられ、一記事数百円で記載してもらえます。

続ける」をキーワードに、ホームページの検索上位を狙うのはもちろんですが、

ネットからの反響と売上の目標額を設定してください。

 

成果が出ると続けることが楽しみになります

eBook​制作

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル

Born Again :BA合同会社

東京都 新宿区西新宿7-4-7 イマス浜田ビル5階

相模原市緑区デザインセンター 

Email:ba>>wixpack.com

>>は@に変えてお送りください

​※電話番号はご質問、及びお見積時にご連絡します。